【要約・まとめ】「金持ち父さん 貧乏父さん」を読んだ感想

読書感想

はじめに

今回はお金持ちはどのような考え方をし、どのような行動をしているのかということが書かれたロバート・キヨサキ氏の「 金持ち父さん 貧乏父さん 」という本を読んでみました。

この本は1997年に初版が発行されていますが、未だに書店で平置きされているほどの人気本です。

今回はこの本についてかなりざっくりとですが、自分の備忘録としてまとめておきます。

どんな本だった?

一言で言うと、お金持ちの考え方、行動について書かれている本です。

これについてざっくりまとめると

  • お金のために働くのではなくお金に働かせる
  • 資産を増やす
  • 頭を使って考える

このような感じです。

もっと内容は盛りだくさんで濃い物でしたが、僕が読んで特に印象的で重要だなと思ったポイントはこの3つでした。

これからこれらの項目についてそれぞれまとめていきます。

 

お金のために働くのではなくお金に働かせる

この本ではお金のために働くのではなくお金に働かせるということが言われていました。

今の社会では多くの人は会社に勤め生活をしていくためやローンを返済するためのお金を得るために働いています。

筆者はこのお金のためにがむしゃらに働くことをラットレースと呼んでいます。

ラットレースの中ではいくらがむしゃらにがんばっても収入の上限はある程度決まっており、さらに稼げば稼ぐほど税金で収入を取られてしまうことになります。

このラットレースの中にいてはいつまでも豊かな暮らしはできないということです。

また、ラットレースから抜け出すためには習得が難しい会計と投資に関する知識が必要であると筆者は述べています。

つまり、お金に関する知識をつけ、お金の流れを見れるようになることが重要であるということです。

株や不動産などは自身が労働しなくても、勝手に収入を得てくれます。(もちろん損をする場合もありますが)

これがお金に働かせるということです。

 

資産を増やす

まず初めに、資産とは何かという点です。

資産とはお金を懐に入れてくれるものです。

とてもわかりやすいですね。

具体的には株や不動産などが挙げられます。たしかにこれらは買ったあとにお金を生み出してくれます。

この本ではこのように難しい言葉を使用せずわかりやすく書かれているのが特徴です。

あと、他に印象的だったのは家は資産ではないという部分です。

僕はこれまではなんとなく家は資産だと思っていたし、家は資産という言葉もよく耳にしてきていました。

でもたしかにこの本で定義されている資産の意味と照らし合わせてみると家を買ったところで収入が増えることはないし、ローンで買ったとするとむしろお金を取られるということに気づきました。

頭を使って考える

金持ち父さんはお金を稼ぐためには頭を使って考えることが必要であると言います。

そして、頭脳は資産でもあると言っています。

頭脳は直接的にお金を生み出すわけではないですが、お金を生み出してくれる資産をもつためには頭を使って考える必要があると思います。

感想

そこそこ厚みのある本でしたが、最初から最後まで読みやすくてスラスラ読めました。

お金のことや、将来どのように生きたいかを考えるいいきっかけになる本だと思います。

 

 

コメント