甘くて飲みやすいワインをバーで飲んだので紹介【貴腐ワイン】

日常

みなさんお酒は好きですか。

お酒が好きと言っても色々と好みがあるでしょうが、今回紹介する貴腐ワインというお酒は甘いお酒が好きな人にオススメです。

僕も先日バーで初めて飲んでその甘さに驚いたので紹介してみようと思います。

貴腐ワインとは

白ワイン用品種のブドウを菌に感染させて糖度を高め、そのブドウを白ワインにすることで作られる甘いワインのことです。

 

 

上の画像は菌に感染した貴腐ブドウの画像です。

なかなかグロテスクな見た目ですね…

菌に感染させて甘くなるということを最初に見つけた人はホントにすごいですね。(笑)

 

ワインなので度数も高めで、10%以上あるものがほとんどです。

飲みやすいからといってグビグビ飲んでいると後できつくなる可能性があるので女性やお酒にあまり強くない人は注意が必要ですね。

 

飲んでみた感想

これがワインなのか!?

と思うくらい甘いです。蜜のように甘かったです。

これで砂糖などは一切使っていないというので驚きです。

個人的にはこの甘さでずっと飲み続けるのはちょっときついかな…

という感じでした。

 

バーのマスターが甘さに飽きてきたら少し甘さを抑えることができると言ってくれていたのでしばらくしてお願いすることにしました。

どのように味を変えてくれるのか見ていたら、ストレートで飲んでいたワインをロックにし、その後薄い何かを右手の親指と人差し指で挟んで、グラスにおまじないをかけるような動作を始めました。

いったい何をしているんだ…

と、不思議がって見ていると「これでかなり味変わったはずだから飲んでみて」と言われたので飲んでみるとびっくり!!

 

甘さが抑えられ爽やかな風味になりとても飲みやすくなっていました。

何をしたのかすごく気になったので、おまじないの動作の時に何をしたのか聞いてみると

「レモンの皮を曲げて汁をとばして香りをつけていた」とのことでした。

小学生の頃にミカンの皮の汁を飛ばして遊んだことありますよね?

あんな感じでレモンの皮から汁を飛ばしていたんです。

この方法は色々応用できるみたいで、パスタなどの料理にも香りづけで使えるそうです。

勉強になりました。(笑)

 

さいごに

貴腐ワインに興味湧きましたか?? (笑)

すごく飲みやすいので初めての人にもおすすめできるワインでした。

是非一度お試しあれ!

 

コメント